高齢者のコミュニティになっていること、身近にアートを感じられることなど、絵画教室の実情をまとめています。

展覧会に出品されたのは絵画教室にかよっていた子たち

絵画教室は身近な美術館

展覧会に出品されたのは絵画教室にかよっていた子たち 幼少時代、絵画教室に通った経験がある人は、少なくないと思います。絵画教室は子どもの教育のためだけでなく、美大を目指す高校生の予備校として、運営されているところもあります。また、高齢者の趣味としても注目されています。アートを学び、仲間と切磋琢磨する様子は、一つのコミュニティとして成り立っているからです。

絵画教室の内容は、写生旅行に出かけたり、公民館でデッサンするなど学生サークルのような和やかな雰囲気です。また、同じモデルやモチーフを、数日から数週間かけて絵画にするといった、本格的な絵画教室もあります。人それぞれの経験やモチベーション、やりたい分野などから、絵画教室を選択することができる点も魅力です。

絵画教室はとても和やかな雰囲気で、お茶やお菓子を食べながら談笑する休憩時間があります。その際、美術館のように他の受講生の作品を鑑賞したり、美術モデルとコミュニケーションを取ることも、楽しみの一つと言えます。そして、描く際には講師の指導を踏まえ、自分のテクニックを磨き、知識を増やすことができます。また、絵画教室の予定を入れることによって、生活にメリハリを付けることもできるのです。このような点から、絵画教室は高齢者にとても人気があります。

おすすめ情報